« 清い水と黒人の村 サン・シピリアーノ(12/17~20) | トップページ | メデジン(12/28~01/1, 1/09~13) »

サレントとココラ渓谷(12/21~26)

Dsc05844
のどかな光景が広がる。



コーヒーで有名なコロンビア。その一大産地のアルメニアその少し奥地にのんびりできる村がある。ということでサレント村を訪れた。
コーヒー農場を訪ねたり、ココラ渓谷というところでトレッキングをしたり。
またココではカリ・サンシピリアーノと一緒だった仲間たちと引き続き過ごし、静かで楽しいクリスマスもこの村で過ぎていった。

Dsc05583
小さな村だが少し観光地化されて綺麗に整備されている。

Dsc05576
お土産屋やカフェが軒を連ねる村のメインストリート。こちらも綺麗に整備されている。

Dsc05588
どんな小さい村にもあるコロンビアのプールバーもおしゃれだ。

Dsc05585
クラシックなコーヒーメーカーをおいてあるカフェが目立つ。

Dsc05620
町外れの丘へ登る道。

Dsc05641
丘からは町と、反対側には、、

Dsc05625
ココラ渓谷の方が見えた。

Dsc05694
ジープ”WILLYS”に乗ってココラ渓谷へ

Dsc05708
谷を歩き山の上を戻ってくるルートで歩いた。それで半日いっぱいぐらい。

Dsc05732
今回歩いた道の一番奥には山小屋が。設備は悪いがここで泊まることもできる。

Dsc05767
山小屋でチーズとチョコラテで休憩。

Dsc05751
ハチドリがたくさん遊びに来る山小屋。

Dsc05796
帰りは渓谷を見下ろしながら歩く。

Dsc05815
やしの木が多い。


ある日はフィンカ(コーヒー農園)に行った。

Dsc05927
コーヒー農園を向こう側に見ながら歩く。サレントの周りにもいくつかコーヒー農園があるのだ。

Dsc05941
コーヒー農園では見学料を払うと説明してもらえる。ふむふむと聴くメンバー。

Dsc05948
コーヒー豆はだんだん赤くなって来る。この時点では全然コーヒーの匂いはしない。

Dsc05959
炒って初めて色も匂いもコーヒーになるのだ。


話は変わってクリスマス
ここではクリスマスをゆっくり過ごした。
ちなみにマヤ暦の”世界の終わり”もこのサレントですごしたのだが何も変わったことはなかった。

Dsc05846
キャンプ地にアルゼンチン人がいたのでアサード(バーべQ)を作ることになった。

Dsc05910
ヒッピー的なイブの夜がふけていった。


Dsc05673_3
宿泊費を抑えるためテントで過ごした。この村には合う滞在スタイルだ。

Dsc05675



--------------------情報コーナー-------------------------------
バス:サン・シピリアーノ入口→ブエナベンチューラ 1h位 2,500ペソ
   ブエナベンチューラ→アルメニア 8h 30,000ペソ
   アルメニア→サレント 1h 3,600ペソ

ココラ渓谷行きジープ 30分 片道3,000ペソ
宿: 名称失念 庭にテント(レンタル込) 12,000ペソ
  Wifi、ホットシャワー

※100ペソ=約4.5円
---------------------------------------------------------------

|

« 清い水と黒人の村 サン・シピリアーノ(12/17~20) | トップページ | メデジン(12/28~01/1, 1/09~13) »

南米編」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。