« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月の5件の記事

トルクメニスタンビザ申請情報 in タシケント。2014/08/27~28

ネット情報を見る限り、いろいろ大変だと悪名名高いタシケントでのトルクメニスタンビザ申請に挑戦。
過去のネットの情報をみて憂鬱だったが、実際はむしろとても楽なビザ申請だった。

申請時間は朝9時(実質10時だった)~13時まで。
月曜日から木曜日まで。(金曜日までやっているかも)。

大使館の場所 (GoogleMap表示)

20140827_120111
立派な大使館の建物



過去の情報だと朝6時頃から待つまたはリストに記入して開館後再度訪れる必要があるとあるが、実際は開館前に来た人は6人程度。待合所は椅子があり守衛と喋ったり快適。
逆に人がはける11時過ぎに行けば割とすぐに入れてもらえる。
携帯電話は管内持ち込み禁止(入り口で預けられる)ので必要な情報はメモしておこう。



申請時持っていくもの

パスポート(見せるだけ)
パスポートサイズの写真(少し大きかったけどOK):2枚
パスポートのページと通過先の国のビザ(僕の場合イランビザ)のページのカラーコピー:一枚

申請用紙は大使館に入館後もらえるので記入(3枚)
ロシア語の用紙もあるが、係官が英語で教えてくれる。
入国日と入出国の国境名を指定する必要があるので考えておこう。

そして選択肢は、
トランジットビザの場合
二週間待ち:35USD
一週間待ち:55USD

さらにビザは大使館で受け取っても良いし、国境で受け取っても良いと言う。

国境で受け取るには確認番号が必要で、翌日(もちろん11時以降に行った)に大使館に再度出向き、発行された確認番号を受け取り、それをもって国境に行くだけだという。
一時期電子メールでの番号受け取りが試行されたみたいだが、もっと確実な方法に変わったようだ。

拍子抜けするほどきめ細やかで素晴らしい対応。ここ最近で大きく変わったのだろうか。
とにかく国境受け取りがうまくいくことを願って、進もう。

| | コメント (0)

さらばキルギス。カザフを抜けてウズベキスタンへ。 2014/08/22~08/26

5日間(走行日数5日)  走行距離 263.42km(累計6,448km)+車移動少々

キルギスのタラス手前に町でお世話になったエディックさんに別れを告げ、キルギスタン最後の町タラスを通り、国境を目指す。
カザフスタンでは体調不良で医者にかかるが、その後ウズベキスタン、タシケントに到着した。

Imgp4110
タラスの前から。西風の再襲来。カザフスタンに近づくと荒涼とした景色が近づいてくる。


20140822_153736
暑い時間にチャイをどうぞと家に招かれ、イスラム式のおもてなしを受けた方と。タラス西部はムスリム帽子をかぶった人を多く見た。

Imgp4108
豪華なお墓。

西に進んでいた道が北上し、景色は一気に乾燥してくる。カザフスタンという感じがした。そしてダム湖に到着する。キルギス最終日はダム湖周辺でキャンプを張った。



Imgp4112
乾燥したダム湖の端。とげがある植物が多くてキャンプ地を探しづらかった。

Imgp4125
キャンプ地からダム湖を望む。

Imgp4138
タラスから2日目、ダムに到達。そこからすこし一気に下る。最後の村を抜けると、キルギス‐カザフの国境だ。

そんなに大規模な国境じゃないからか、のんびりと事が運ぶ。あまり外国人が通らないだろうから係官がほかの人を呼んだり、外に置いて置いた自転車のチェックというか興味なのか、これは何だそれはなんだと係官と話をする時間が長かった。

とにかく、国境を通過して晴れてカザフスタン再び。
カザフスタンは最近、一年限定でビザ不要で15日間のみ入国が可能になった。それを利用しての入国。

すこし北上し最初の都市タラズで両替をしたり、暑い時間を過ごす。

Imgp4152
チャイハナ。生ビールを飲みに来る人が多い。

Imgp4153
町の中心。結構大きな都市だった。

Imgp4154

Imgp4161
モスクに寄ったら子供たちの歓迎を受ける。


Imgp4167
草原を走り出す。


20140823_174929
道路で寝ていた道路工事の人たちと。カザフスタンは相変わらず陽気なノリ


Imgp4164
暑くて疲れてしまい。目の前の丘に滅入って。早めにキャンプを張った。
あまり食欲がなくすこし体調不良を覚える。急に暑くなったからか。。。



3日目、
まずは丘を登る300m程度の丘だが食事をあまりとっていないせいか体調が悪くとても時間がかかる。

Imgp4171
登り切って少し下ったところで休憩すると妙に疲れて動けなくなってしまい、車を修理していた人に近くの町はどこだと聞くと15㎞くらいだというので、行こうとすると、医者まで載せて行ってくれた。そこで、点滴をもらい、救急車を呼ばれ、さらに10㎞離れた少し大きな町まで運ばれた。

そこで2日ぐらい入院して休んで行きなさいと言われたが、滞在登録で時間がないので断ると、警察がシムケントまで送ってあげると言ってくれたので、一晩だけ、休ませてもらうことになった。

保険があるとはいえ取りあえずの出費がかさむことを覚悟したが、カザフでは医療は無料だというのでホッとした。
下痢気味による脱水症になったのだろうが、下痢は結局医者では治らず。タシケントまで問題を持っていくことになる。

翌日(4日目)、警察は町から15㎞ぐらいのところにあるシムケント州まで送ってくれた。「シムケント市じゃないの!?」詐欺のような感じを受けたが、向こうも親切でやってくれたのでお礼をいい、そこでバスを捕まえる。

自転車が壊れるとか物がなくなるとか、バスを使うのは億劫で、いままで経験がないが、こういう場合臨機応変にに対応できるようになっておくべきだろう。
今回キルギスのトンネル通過のためにトラックに詰め込んだ経験があったので抵抗が少なくなっていた。

バスでシムケントの南まで行き、そこから南にある大きめの町、カジクルト(Qazyqurt)で宿を探す。

商店でホテル聞くとたくさんの人が集まってきた。一人のおじさんがうちのアパートに泊まっていいよ言ってくれたが、そこの管理人に追い出され、町はずれの家に泊まることになった。

そこも宿を探していると聞いたら、2000Tgで家に泊まっていいよと言われたので、もう暗くなってきたし、そうすることにした。
よっぱらい主人のムスタファーさんに絡まれて離してくれず、結構大変なステイだった。

20140826_081549
ムスターファさんとその一家。息子のアレハンド君はしっかりしている。



そして5日目、

ムスターファさんの家を出て、ウズベキスタンを目指す。

Imgp4174
国境の町ジベック・ジョー 駱駝がシルクロードにいることを思い出させる。

そして国境を超える。通過者が多い国境だったが、カザフ側は効率よくスタンプをもらえた。ウズベキスタン側は難関だと思っていたが、ややこしい税関申告書さえ書いてしまえば、チェックは荷物を外してのX線検査のみで、比較的簡単に済んだ。

Imgp4198
ウズベキスタン首都タシケントの賑わうバザールの入り口。この近くの快適な宿、グルナーラに滞在している。

Imgp4179
グルナーラのドミトリー
12ドル朝食付き
場所(GoogleMap)

20140828_091420
朝食付で快適。

| | コメント (0)

素晴らしい道と人々。ビシュケクからタラス 2014/08/17~08/21

5日間(走行日数5日)  走行距離 285.81km(累計6,113.81km)



途中ショートトリップに出たといえ、ビザ待ちを口実にのんびりと過ごしたビシュケクをついにスタート。
タジキスタンはパミールの件で行けなくなった為、カザフスタン経由でウズベキスタンを目指す。
ただフラットな道を西に進んでシムケントから南下するのではなくて、オシュに向かう道に進み、タラス経由でカザフスタンのタラズ、そしてシムケントを目指す。パミールに行けなくなった今、せめてもの山岳サイクリング体験だ。

Imgp3784
もういやだーと思いながらいざ出ようとするとさみしい。
サクラゲストハウスのオーナーの娘さんたちと。


初日
はビシュケクから西進して途中で南向きのオシュ街道に曲がる。しばらく行ったところでキャンプ

カザフへの国境へ続く道は町続きで車も多いオシュへ向かう道の手前で左に曲がると静かな道へ。

Imgp3795
ビシュケクの南に見えた山に近づく。

Imgp3796
お墓と山。

Imgp3819
どこでも泊まれそうでいまいちキャンプ地が見つからず、道脇の木の陰でキャンプ。交通量の少ない道だし、畑の用水もあってまあよかった。



2日目
から登りがはじまる。ビシュケク南の山脈をこえるのに3600mの峠があるのだ。2日目は原因が見つからないパンクが起こり、二度パンクしたところで精査して原因を発見した。刺さった物自体は良くある細いワイヤーだが、短くてタイヤの中に住んでいた。表からも裏からも見えないわけだ。重みがかかった時に内側に刺さる。
このせいもあり、この日はあまり。進まなかった。

Imgp3818
最近悪かった天気が完全に回復。この日から全部快晴。


山道を登り始めてしばらく、パンクやらなんやらで暑くなってしまい、あまり進まないなあと思いながらキャンプ地を決めた。

Imgp3832
道路からは丸見えだが小川を渡って反対側の高台。この日も水場があって快適に料理できた。

3日目に峠を越える。登りは12%に始まり、最終的には17%となった。看板の表示なのでいまいち信憑性はないが、17だとすぐにに疲れて押しダーになる。

Imgp3834
朝から、、、

Imgp3842
南向きの道が東向きに変わった所あたりからぐんぐん斜度も上がっている気がする。


Imgp3844
道路を遮る羊たち。
標高が高くなると斜面が厳しくても放牧地帯。道のある限りは羊とかがいてフンが多いのは閉口。

Imgp3854
ぐんぐん標高も上がる。

Imgp3869
最後はぞっとする九十九折。ここまで来たらあと少し。

Imgp3859

Imgp3884
このあたりはアルペンムードがある景観だ。

Imgp3892
峠まで行かなくて良くて、標高3000mちょいのところにトンネルがあった。

トンネルは大型がすれ違えない細いトンネル。入り口で軍人に「窒息するから自転車禁止」と止められ、トラックを拾ってもらった。自転車を無理やり突っ込み、それで全長約2㎞のトンネルを超える。

Imgp3907
反対側に出ると高原平野が広がる。その向こうにはまた山脈が。だからこれは谷ということになっている。(Sausamyr Valley)夕方なので寒い。

Imgp3909
そして平野まで下る。エンジンブレーキでゆっくり降りてゆくトラックを時速40-50㎞でぶち抜くのが快感。危ないのでやめよう。

Imgp3941
気持ちのいいキャンプ地。


4日目はゆっくり平野を走った。平野とはいっても2300m程度の標高があるので快適だ。景色も気分も良い。いつも悩まされる西風もない。

Imgp3939
昨日降りてきた峠を見る。

Imgp3952
のどかで壮観な風景。

Imgp3956
お茶とパンを食べに寄った家のおばちゃんと。手作りのイチゴジャムがおいしすぎて少しもらった。
遊牧民はヌルタとか呼ばれるテントに住んでいるが、利便性か、最近はトレーラーに住んでいたりするみたい。

 

Imgp3967
テントがあるところでは必ず乳製品の酸っぱいジュースとそれを乾燥させたようなチーズを売っている。

Imgp3961_2
大きめの川が流れる雄大な風景の谷だ。


Imgp3978
平野が終わり、オシュへ向かう道とタラスに向かう道の分岐に到着。
あまりにのんびり気分か、ここで宿を発見して早めに休んでしまった。(300COM;寝るのみ。)

Imgp4015

Imgp4019
川で体を洗ったり、日記を書いたり。のんびりと過ごす午後。このくらいのペースが良い。




5日目
はタラスを目指す。(カザフスタンのタラズとは異なる)

高原平野からさらに峠を越える。今度はトンネルなんかはない峠らしい峠だった。
12%と表示された坂が続く。もう体力が戻ったのか山慣れしたのか、あさの涼しいうちに比較的楽に登り切れた。

Imgp4022
朝から徐々に登る。登りは徐々にきつくなる。

Imgp4031
峠のそば。

Imgp4052
標高を徐々に上げ、峠に到着。結構地味な3330mの峠。

パミールに行けない以上、この自転車旅の最高所になるであろうが地味な場所。たまに来る車以外誰もいない。トイレがある。



Imgp4058
峠から少し歩いて登ってみると眺めが少し良かった。

Imgp4055
こんなところでも遊牧民に会う。



Imgp4069

Imgp4071
タラスがある谷に下る。風が暖かく、暑くなってくるのがわかる。



Imgp4074
久々の町が現れ、安心するが、もはや美しい山岳地帯は終わり、また砂漠に向かう現実もつらく感じる。

Imgp4081
道を振り返る。

Imgp4086
景色は徐々に広くなっていく。

Imgp4085


Imgp4089_2
それでもまだまだキルギスにいる間は美しい山が近い。

そしてタラス手前の川のほとりでキャンプと思ったら、、

20140821_191847
地元のピクニックグループに捕まり、ウォッカ一気飲み大会。キルギスではショットグラスに注がれたウォッカを一気に飲み干さなければいけない。きつかったらその後コーラを飲めばいいらしい。

ここで寝るからいいや。と頂くが、

そのうちの一人に家に止まって行けと誘ってもらえた。

20140821_183848
そのエディックさん。日本語のナビがついたエディオンが愛車

Imgp4090
というわけで誰の部屋だかわからないけれど、泊まらせてもらった部屋。

20140821_222851
夕食までいただく。沢山の子供たちがいるいい家庭だった。

Imgp4095
エディンさん夫妻と長女と。

自転車により3000m級の峠を二つ一気に超えたが登りが辛いの以上にサイクリングを楽しむことができた、こうなるとパミールに行かないことをとても悔しく感じた。

そしてカザフスタンに入り、ウズベキスタンを目指す。。。

| | コメント (0)

ビシュケクで取得するビザ情報 2014/07~08月

ビシュケク滞在の主な目的は中央アジア各国のビザを手に入れること。今回は僕が行った事のみレポートする。
情報はすべて2014年08月5日現在のもの。

ビシュケクではタジキスタンのビザのみを取得し他のビザはタジキスタン首都で取得する計画でビザ取りをスタートした。
しかし、計画変更を強いられる。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
タジキスタンビザ

大使館の場所
http://goo.gl/maps/8xQFj

午前中は13時まで。午後は2時から。特に混んでいないので開館時間に並んだりする必要はない。

持っていくもの
 写真(パスポートサイズでOK) 1枚
 パスポート(申請のみなら特に不要)
 パスポートのコピー 1枚
 料金(受取時)

大使館に入って申請用紙、および懇願書をもらい、その場で記入。タジクの滞在先など記入する必要がある。
また、入国日は指定で30日または45日の滞在期間となる。30日と記入してもタジク国内で延長可

申請は即日(二時間待ちくらい?)又は一週間(8日)の二択ができる。
 即日 $75
 8日待ち $55
ビザ取得時に払う。その他、パミール高原の入域許可(パーミット)がなぜか100ソム要求される。

パミール高原のパーミットは入域日指定で2週間しかもらえないと言う。入国日と入域日は同日なのでそれを伝えてしぶしぶ承諾。

一番簡単に取れるビザ。となめていたら問題発生。どうせ休養が必要なので、一週間まちを選択する。
すると、一週間後、ビザを取りに行くとパミールのパーミットが発給できなくなったと言い出す。次の日も出向いてその場に居合わせた他の自転車乗りたちと交渉するも、1週間が限度だということになり、とりあえずはビザも含めてキャンセル。

周辺国の大使館にも問い合わせてくれたみたいだが、状況は同じ。
ルート的に無理だが、デュシャンべにいってみるか、もしくは高額(60‐70ドル)で旅行会社依頼するかとなる。
一旦この国は諦めることになる。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ウズベキスタンビザ

タジキスタンに行けなくなったので、仕方なくウズベキスタンのビザを取得開始。ビシュケクにあるこの大使館はあまり良い噂を聞かないが、意外とすんなり働いてくれた。

まずは15時から17時の間に電話で予約をする。ロシア語ができないと聞いていたのでのでここは宿のオーナーに依頼。すんなりと次の日の朝10時に来てくださいと回答をもらった。

大使館に行く前に申請書類を作成。インターネットのホームページ上で作成して印刷する。
日本のウズベク大使館のページから作成ページにリンクが張られている。

大使館の場所
http://goo.gl/maps/8zrPl

20140724_113439_3

持っていくもの
 印刷した申請用紙
 写真(パスポートサイズでOK) 1枚
 パスポートのコピー 1枚

10時前に大使館に昨日予約電話した人たちが待っている。10時きっかりに入り口から人が出てきて予約リストを読み上げる。
暗黙でその順に一人ずつ入館する。たまに一時間以上出てこない人もいるので注意。地元の人は基本的に遅い。

申請用紙、パスポートのコピー、写真を提出して完了。
1週間後に電話して確認しろといわれる。大使館員の態度は怖い。

。。。。。。

1週間後(7日後)に電話した。この時はオーナーが居なかったので自分で電話した。英語ができる人が対応してくれるので自分で電話しても大丈夫だった。
処理が完了しているので明日の10時に来てくださいと回答を得る。

次の日の10時、申請する人たちと同様に門の前で待ち入館。

持っていくもの
 パスポート
 料金(15ドル)※折り目がない綺麗な札じゃないと受け付けれもらえないので注意。お釣りはOK

パスポートと料金を提出し、5分ぐらいその場で待つとビザが貼られて完了。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

イランビザ

これもタジクで取得予定だったビザ。
取得に先立ち、招待番号(インビテーション・ナンバー)が必要になる。イランのテヘランにある政府機関で取得する必要があるので、必然的にイランの旅行会社に依頼することとなる。

僕はビシュケクにあるイラン人経営の旅行会社で依頼。
http://goo.gl/maps/D3l4K

20140717_123420
旅行会社

最近はインターネットで依頼する人が多い。それによりビシュケクにつく前に依頼が可能だ。
以下は同宿の人が使っていたサイトと情報。
uppersia.com
料金$35。 10日程度で取得可。料金はテヘランについてから払うことが可能らしい。

料金は20ドル、2週間以内に取得可。旅行会社の対応はとても親切。
パスポートと料金を持って行って依頼するのみ。海外旅行保険に加入しているか聞かれる。申請時に必須のようだ。

また、ナンバーの送り先の大使館を聞かれる。
当初ここで依頼した番号をタジクの首都ドゥシャンベのイラン大使館に送ってもらうように手配していたが、タジキスタンを諦めた後、ビシュケクのイラン大使館送付に変更。これがビシュケク滞在が大幅に長引いた直接要因。

2週間半後、インビテーション・ナンバーができたとメールが届く。同時に指定した大使館にナンバーが届く。
僕の場合は何かの間違いでタシケントのイラン大使館に届いてしまっていた。旅行会社にクレームし、大使館に連絡してもらった。ビシュケクのイラン大使館は手際よくタシケントからナンバーを取り寄せてくれた。

申請はメールが来てから3日後とあるが、特にそれにこだわる必要はないようだ。

在ビシュケクイラン大使館
http://goo.gl/maps/2GNcX

20140814_125642_2

正面ではなく横に入ったところの勝手口みたいなところ。
9時~13時、15時~17時

必要なもの
 パスポート(申請中はパスポート)
 パスポートサイズの写真
 パスポートのコピー
 申請用紙はその場で記入
 ビザ代振込の証明用紙

ビザ代は大使館近くのパキスタン銀行で振り込んでくる。50ユーロまたはそれに見合ったドル。レシートみたいなのを大使館に提出する。

パキスタン銀行
http://goo.gl/maps/qAU4g


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

以上がビシュケクで行った仕事だ。トルクメニスタンビザはビシュケクでは取得出来ないので、ウズベキスタンで取得することになる。その大使館は凶悪だと有名だが実際のところどうなのだろう。。。

| | コメント (2)

キルギスタンショートトリップ 2014/07/26~07/30

5日間(走行日数5日)  走行距離 468.47km(累計5,828km)

ビシュケクではのんびりしすぎながらビザの申請を待っている。ビザの申請についてはまた後日記事にする予定。

で、ビザ申請を待っている間に5日間の小旅行に行ってきた。
目的をある程度あいまいにしてスタート。
とりあえずイシク・クル湖方面を目指す。

Imgp3597
荷物を半分近くゲストハウスに預けてに減らしてスタート。

Imgp3598
南側に大きな山脈を見ながら東へ進む。


Imgp3601
トクモクに到着。
トクモクの町から高速道路(?)に入る。

Imgp3605
高速はカザフスタンとの国境沿いを走る。対岸はカザフスタンだ。


Imgp3607
高速道路も町からは離れているが、さらにケミンの町を抜けると町はイシククル湖までしばらく無い。



Imgp3609
バス停かわいい。朽ちてきてはいるけれど、一つ一つのデザインが凝っていてコレクションしたくなる。



Imgp3610
タジクスタン方面からくるサイクリストとすれ違う。後日またビシュケクで再開した。


Imgp3614

Imgp3622
ここからイシク・クル湖までは登りが続く。


Imgp3619
登り地帯で野宿。思えばキルギス初野宿。静かな場所だった。


Imgp3620
眺めが良かったキャンプ地をスタート

Imgp3629
登りが落ち着くと奇岩と川が流れる谷を進む。このあたりにドライブインがいくつかあり、マルシュートカ(乗り合いバス)がよく休憩に止まる。

Imgp3631
コチコルへ向かう峠との分かれ道に売店がある。ここから湖最初の町、バリクチーに近づくまで、道は工事中でがったがた。

ここで久々のパンクをした。なんと一度に10箇所以上の穴が開いていてチューブを廃棄するハメになった。刺さっていたものはガラスと金属繊維の二つしか発見できなかったのだが、どういうわけでこうなったかは謎のままだ。


Imgp3632
バリクチー
の町。口元まで入っただけだとのどかな町だ。

Imgp3641
イシク・クル湖の西端は草地になっていてのどかだ。向こうには雪山が見える。

Imgp3639

地元のよっぱらいの人にウォッカを勧められる。何度かこんなことがあった。のんだら漕げないからねぇ。


Imgp3655
バリクチーのビーチではのんびりとしている人がたくさんいた。ここで体を洗って先へ進む。ちょっと塩水なので、髪がゴワゴワになっただけ。

湖はもーいいやということで、ビシュケクの南の山脈を一周するルートに向かう。
湖を後にし進路を南西にとる。


Imgp3658
湖から離れるとすぐに砂漠な景色になる。

そして西向きになるとやはり向かい風が襲う。

Imgp3661
川が流れている周辺は景色はガラッと変わり、のどかな感じになる。2日目はここでキャンプ。


Imgp3681



Imgp3695
さらに登っていく、荒涼とした景色になってゆく。

朝は無風で快適だったが、10時ごろから風が出てくる。西に向かうとやはり決まって向かい風だ。


Imgp3699
風は強くなり、このOrt Tokoyという小さなダム湖までで嫌になってもどった。向かう先の山も天気が悪そうだし。


Imgp3704
強力な追い風でイシク・クル湖へ戻る。そして湖の南岸を走る。

Imgp3706
ビーチに寄ったらローカルたちとウォッカ一気飲み大会が開かれそのままキャンプ。

家に来いとみんな誘ってくれた。夜は荒れたので甘えてみればよかったかも。

4日目は一路ビシュケクへ向かう。

Imgp3714
湖から登る朝日。



Imgp3728

12時ごろから風が出てきた。西に向かっているのでやっぱり向かい風。今までずっとそうだったが、やはり圧倒的に向かい風の日が多い。
この旅はやはり東向き(日本に帰る方向)に旅した方が楽だったようだ。圧倒的に。


Imgp3735
カザフスタンとの国境沿いでキャンプ。

Imgp3736
夕日がきれいな日。

帰りはトクモクの町を越えても高速を走る。
いくつかのイミグレーションを目にした。

Imgp9816
国境の川はのどか。

次の日にはビシュケクに帰還。

| | コメント (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »