« 憂鬱な天気とともに (2015/01/21~27) | トップページ | シルクロードの行き着く先 »

ローマを目指す旅 (2015/01/28~02/03)

カンポバッソ~ローマ 7日間(走行5日) 走行距離362㎞ (累計13144㎞)


Imgp0047
雪の降る中橋の下で停滞。

山の中での二泊、キャンプで連泊したのは初めてかもしれない。誰にも見つからない場所だと思ったが、朝猟師が近くで鉄砲をぶっ放してびっくりした。両氏は僕のテントに気づいたのかどうかは分からないが、すぐに去って行った。

Imgp0050
天気は悪くなかった。また昼過ぎには崩れてくる予報だった。


Imgp0052
山の上の街はこんな内陸部でも見かける。昔の城塞都市がそのまま残っているようだ。


Imgp0054
大きな山が見えてきた。「マテーゼ」と呼ばれる公園だ。この山脈を回るように進む。


Imgp0058
景色に不釣合いな大きな教会。このあたりが峠だった。後は海まで下り基調。


Imgp0059
山肌にへばりつくような街。ペスケという街だ。


雨も降ってきたし、次のイゼルニアという街で宿をとることにした。
中心部のはずれに見つけた「Sayonara」と言う名前のホテルは38ユーロと、ちょっと高かったし、値引きもしてくれなかった。
そこでもうちょっと安い宿はないかと聞いたら快く他の宿を紹介してくれた。
新市街から旧市街地へ下っていくと、街はだんだん細くなってきて、尾根の上に立っている町だと分かる。

Imgp0063
感じの良い旧市街地の細い目抜き通り。


Imgp0078
そして目的の宿にたどり着く。ひょうきんなオーナーのニコは珍しい外国人気持ちよく迎え入れてくれた。


Antica Dimora 191(クリックで地図)

Imgp0075
30ユーロ(値引後)/ダブルルームシングル使用

トイレシャワー・冷暖房・冷蔵庫・TV・Wifi・朝食
目抜き通りに立つ古い建物を使ったB&B。部屋の感じも雰囲気が出ていて良かった。


Imgp0143
ちなみにイタリアの朝食はクロワッサンとコーヒーだけということが多い。


Imgp0144
従業員のニコと。
プレーゴ(どうぞ)を連発するのがおかしかった。


Imgp0083
車も頻繁には通らない旧市街は昼も夜も静かだった。


Imgp0099
翌日は予報どおりの一日雨で少し出かけたけれど、基本部屋でゆっくり過ごした。


Imgp0087

Imgp0089
旧市街の中心には結構立派なギリシア神殿風の教会が立っている



Imgp0092
路地



そして一日休んだ翌日。何とか天気も回復。

Imgp0149
イゼルニアを立つ。近くの山にも雪が降った。

ここから海沿いまでずっと下りだと思ったけれど、イゼルニアの次の街、ヴェナフロの後、地味にきついがあった。

Imgp0155
峠のトンネルを越えると、晴れてたら最高なはずの眺めが良い下りが待っていた。


Imgp0158
平地へ出るとまもなく海沿い。カッシノという街の手前で海沿いに続く道に左折し、のんびりした川沿いの田舎道を走る。


夕方には雨が降り出して結構強くなった。宿はあまり良いのがなさそうだったので探すもなかなか良い場所が見つからない。
仕方なく、インターチェンジの所にある、廃ビルに、作業していたおじさんに断ってキャンプを張らせてもらうことにした。

Imgp0172
廃屋は変に人の気配を感じてしまい、怖いのだが、何も無ければ快適な場所だ。テント乾かさなくっていいし。


Imgp0167
廃ビルの上層階から取った朝。

朝の天気は良かった。出発しようとしたら激しいにわか雨。というか雹が降ってきた。その後も基本的に天気は良かったけれど、突然降ったり、天気が変わりやすい一日だった。

Imgp0178
走り出すと遺跡があった。奥に見えるのはミントゥルノと言う街。


Imgp0187
綺麗な雰囲気の港町、フォルミア。背後に雄大な山が見える。


Imgp0190
半島に突き出た旧市街が魅力的なガエタと言う港町。

天気も不安定だし、風が強くてかなりのストレス。というか風に振られて危険なレベル。海沿いの断崖を軽くアップダウンし、景色はなかなかいいのだけれど、残念だ。
テッラチナの街の手前で突然自転車禁止になる。いまさら知るか!と続行するも長いトンネルがありちょっと怖い。
これはテッラチナの街をバイパスしてしまう道だった。トンネルの後で降りればよいのだが、こういう時、自転車は戻るのが面倒だと考えて先へ進んでしまう。


Imgp0193
まあ、この日は天気も回復してきたし、キャンプでもいいかなと思って進む。

しばらく進み、サバウディアと言う街の手前にある、森林保護区の入り口でキャンプを張った。

Imgp0198
朝の光を浴びる森。うっそうとした森で、昼でも歩くのをためらわれる感じだった。


Imgp0215
久々に綺麗な空。サバウディアのそばのカヌーを楽しむ人がいる池のほとりで、湿気でべたべたになったテントを干す。


Imgp0216
しばらく海沿いにサイクリング・マラソンコースが続く。サイクリングを楽しむ人もたくさんいた。珍しく英語が話せるサイクリストに声をかけられたので話しながらすすむ。


Imgp0220
陸側には湖があり、こちら側の景色も良い。天気も良くてとてもいい日だった。


Imgp0228
ローマ県に突入。大詰めだ。って感じがするようなしないような。


Imgp0229
この松のような木は見た目は悪くないのだが、根っこで道が膨らんで困る。


Imgp0241
ローマに向けて最後のキャンプは冬のビーチでしっぽりと。怪しい雲が近づいている。


Imgp0244
海の屋台(?)の裏に隠れるようにテントを張った。

そして次回、ついにローマに到達!?

|

« 憂鬱な天気とともに (2015/01/21~27) | トップページ | シルクロードの行き着く先 »

自転車横断編-トルコ・ヨーロッパ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。