« 2015年1月 | トップページ | 2019年9月 »

2015年2月の5件の記事

東京通過。(2015/2/13〜14)

成田空港〜神奈川県 2日間 走行距離 142.8km  (計13326km)

日本について成田空港を出発、空港を出てからしばらくは市街地だ。というよりは、日本を、特にこれから東海道を選ぶと、町がないところを通ることは少ないだろう。中央道なんかを選べば楽しそうだけれど、冬はちょっと、、と思っている。
懐かしい雰囲気の中を走っていく。もう気さくに声をかけてくれる人は少ないだろうと思うとちょっとさみしい。
市街地は思うように進まない。歩道と車道が縁石で分かれていて、自転車の通るスペースがほとんどない日本の道路体質は気にかかっていた。歩道を走っても早々怒られないだろうけど、段差があって走りにくく、イロイロ良くない。

Imgp0826
空港を出た日は東京ゲートブリッジの麓にあるキャンプ地に泊まった。あらかじめ電話しておいたら、料金は明日の朝で良いと言ってくれた。

Imgp0831
冬だけあって、他に2張りぐらいしか見当たらなかった。だだっ広い敷地にバラバラと張っていたので顔を合わせる事もなかった。

Imgp0834
次の朝、出発の準備が終わる頃。 掃除の人たちがやってきた。

Imgp0840
この日は神奈川の友人の家へ。どういうルートで行こうかな。キャンプ地から海を眺めると富士山がくっきりと見えた。

Imgp0837
向こうに台場が見えたから行ってみることにした。


Imgp0846
!! 
1時間に一回とか動かないのかなぁ

Imgp0859
小さな自由の女神がいた。日本の経済的自由度オリジナルと比べてこんなものかなぁと考える。


Imgp0862
ここからは都心がよく見わたせる。
吊り橋は自転車では渡れなかったので、北上して都心を通過する。


Imgp0837_2
東京の色は無機質でシンプルだ。

Imgp0871
と思いきや、近づくと結構雑多な雰囲気。やはりアジアと基本的な雰囲気は共通している感じる。この看板の無秩序さがそう思わせるのだろうか。


Imgp0861
新しくできたというスカイツリーを目指すが途中で面倒になってやめる。

川沿いをロードバイクに乗った人走るのをよく見かけた。自転車が流行ってきていることを感じる。あとはもうちょっと自転車に優しい文化にならなきゃなぁ。



Imgp0876
皇居に寄ってみたらランニングしている人がたくさん。いつの間にか健康志向が進んでるなぁと思ったら、東京マラソンが近いと聞いた。


Imgp0886
この後、議事堂を見物して、神奈川県へ。



Imgp0977
友人宅へ転がり込む頃には、また暗くなってしまった。サクッと再会を祝う。

| | コメント (0)

帰国。エピローグへ。(2015/2/11〜12)

Imgp0805_2
乗り継ぎ中継地のイスタンブールにて静かに帰国の時を待つ。




オスティアから空港への道のりは長かった。バス停まで、宿のオーナーが送ってくれた。その後も、30kgはある荷物を二つ、バスへ乗せたり、降ろしたり、誰も手伝ってくれなかったら空港へのいけなかっただろう。

Imgp0785_2

空港へは早めに着いた。やることがある。荷物重量の調整だ。空港の空いているチェックインカウンターを使い、荷物の軽量と調整。かつかつであることは解っていた。
自転車を入れた箱が35kgもあり、もう一つの預け荷物に移す。25kgずつ分けたと記憶している。
ちなみに調べた通り、トルコ航空による自転車輸送料は90ユーロ。それを入れる箱に30kg分の物を詰め込んでもX線検査のみで何も言われない。
その他の無料預け荷物とも確か30kgまで。今回は25kgずつに分けたと記憶している。さらに本当はオーバーだが、手荷物も10kg程度あったと思う。合計すると60kg+食料も運んでいたことに今更気づく。幸か不幸か、何も捨てずに済んだ。
トルコ航空だけに、東京へはもちろんイスタンブール経由だ。飛行機は比較的空いていて、ゆったりとした空の旅を過ごすことができた。人気がある航空会社だけに、サービスは雰囲気は良かったと思う。
成田空港に到着して、あっけなく帰国審査を通過。荷物は自転車と共に係の人がカートに乗っけてくれていた。

Imgp0814_2


着いたのは夜。成田空港は案外しょぼくて、24時間空港でない。でも、最近になってる特定のエリアだけ解放して空港泊を認めている。僕もこれにあやかる。
飛行機の便がなくなると、ガードマンが、泊まるならあのエリアに集まってね。と声をかけて回っている。そのエリアに集まったのは20数人といったところか。少ないなぁ。
ベンチに限りがあるので、みんな座っていて横になれない。自由にさせてくれればあちこちにベンチがあるのに。と思うが、全員が管理できる場所にいないと心配なんだろう。コンビニなどはすべて閉まってしまう。けれど、トイレやWi-Fiも用意されているし、僕はキャンプマットがある。少しベンチから離れて、コンセントのある柱の横でカートで目隠しを作り、ゆっくりと休むことにした。ほとんど何も警戒する必要もなくて安心だった。
Skypeを使って、東京で泊めてもらう友人や実家に連絡をして、うとうとすることにした。

翌朝。始発便のアナウンスと共に行動を開始する。
成田空港に着いただけで、旅が完全に終わったわけではない。家にまで帰らなければ終わらない。
自転車の組み立てだ。

Imgp0816_2
広くて人気が少ない場所に移動し、のんびりと組み立てを始める。
慎重にというわけではないが、ゆっくりと進める。時間がかかる。

時折この階には止まらないはずのエレベータのボタンを押しに来る人がいて、「ここには来ませんよー」とか言いながら作業を進める。
中国でこんなことをしていた時は、軽く人だかりができたのに、ここでは静かなものだ。

Imgp0817_2
そしてすっかり元どおり。破損個所も見当たらなかった。
ダンボールはゴミ箱の横に置いておけば良いと言われた。

Imgp0820_2
さあ。出発だ。しれっと空港を出発する。家のある岐阜まで、約700km。最後の旅が始まる。

| | コメント (0)

帰国へ(2015/2/8~11)

Imgp0764
空港のある街リド・デオスティアのビーチ。壮大な旅も終わりだ。



ローマの宿には5日間いたけれど、天候は悪く、それを理由にしてかWifiさえもつながらなかった。楽しいけれど騒がしい宿で、旅の余韻に浸る暇もない日々だった。まだ、飛行機の予約もしていなかったけれど、空港近くの町で、手ごろな個室のホテルが見つかったので、そちらに移動することにした。

Imgp0777
ローマ中心部から約40km。ローマに住む人たちが週末に気軽に行けるビーチである、リド・デ・オスティア。交通量が多く、路肩も狭い為、決死で自転車を漕いで移動した。


Imgp0745
オスティア近郊には広大なローマ都市遺跡が残る。


Imgp0748
予約していた宿へ到着。

まだ、作りかけに近い作りたてで、看板も無い。試験的にオープンしたみたいで、安く泊まれたのだ。

Imgp0749
遠くからお疲れ様。とということで、無駄に広い部屋を用意してくれた。
街の夕焼けが見れる良い部屋だ。


Imgp0770
この旅で何百回の夕日を見ただろうか。


そばのビーチに出かけたりして旅の余韻にひたる。。までもなく、部屋でゆっくりする時間が多かった。
飛行機の手配はほんの数日後の便が予約できた。
評判がいいトルコ航空。それよりも、追加料金に「自転車」と言う項目があることが大きかった。重さだけでは60kg程度ある全荷物を運ぶとなるととんでもない料金になるだろう。ここに「自転車」と言う枠を使うと、70ユーロの追加料金で、”自転車”を入れる箱にそれに関連するものを詰め込み放題なのだ。本当はいけないのかもしれないが、バッグ類はもちろんキャンプ道具などもぎゅうぎゅうに詰め込んでやった。


20150209_165000
と言うことで、街にある自転車やさんに伺い、自転車の箱をもらってきた。


20150210_154405
一日かけてのんびりと解体、梱包作業をした。自転車本体を入れると意外とスペースが少なく、いろいろ詰め込むのに苦労した。

そしてこのもてない荷物を持っての空港移動日。
空港へはタクシーを使ってやろうと思っていたが、親切な宿の主人、そんなの高いから空港バスが出るところまで送ってやるよ。といってくれた。
バスに積んだり降ろしたりするのが一回ではできないので迷惑だなぁと思っていたと所、手伝ってくれる人も現れてとてもうれしかった。


Imgp0786
トルコ航空だけにイスタンブール経由。一年近くかけて走ってきたところを一気に戻るのは、なにかあっけない。

壮大な旅も長い余暇もこれで終わり。あとはエピローグ。

| | コメント (0)

シルクロードの行き着く先

Imgp0272_2
ついにローマへ到達。 コロッセオの前で。



ローマに着く手前、リド・ディ・カステル・フサノに着くころ、が降ってきた。そこから少し海岸線を走ったところにある、リド・ディ・オスティアで泊まろうと思っていた。ローマにつく日は晴れが良かったからだ。

しかし、天気予報では暫く先まで雨の予報が出ていた。待っても無駄だなぁということで、やむなくローマへ向かう

Imgp0249
ベンチが並ぶリド・ディ・カステル・フサノのビーチ。
オフシーズンだからか雨だからか、雰囲気は寂れている。


雨はどんどん強くなってきた。ローマへと続く最後の道は交通量が多く、道の端は植えられた松のような木の根が作るアスファルトの割れ目や水溜りがストレスだった。

Imgp0253
ローマの城壁をくぐる。生きた古代遺跡、イタリアの中心へと。

まだ宿を決めていなかったが、とりあえずコロッセオに向かう。天気がいい時に改めてとも思ったが、やはり記念撮影をするには今しかないと思ったからだ。(冒頭の写真)
5年前に見たコロッセオが見えると、この気分の悪いゴールにも少し興奮を覚える。
雨でも観光客がまばらにいるコロッセオ。道路沿いにある小高くなっている場所には観光客がいなかったのでそこで記念撮影を取った。

Imgp0256_2
興味を持ってくれた夫婦が話を聞きに来てくれ、写真も取ってくれた。



その後の宿探しは難航した。前にも書いたとおり、イタリアの安宿はアパートの一室と使っていることが多い為、大都市ローマでは自転車を置くスペースが無いと断られたりした。静かに盛り上がれる個室が良かったのだが、それはあきらめ、トルコからギリシャまで共に走り、すでに韓国へ帰っているトングから聞いていた宿に向かう。

駅近くの治安が悪いエリアだが、それはいまさら問題ない。とりあえず今日は、、と言うことでそこに泊まることにした。結局一週間もいたのだけれど。

Imgp0740

値段失念(20ユーロ?/ドミ)
朝食、夕食付、ホットシャワー、Wifi

※Wifiは滞在初日を除いて殆どつながらなかった。接続会社のトラブルだったといっていたが、、インド人だしな。
※日中は掃除などの為、基本的に滞在不可の点が不便。
※朝晩は簡単な食事が出来、週末はシャングリアが振舞われるのでおトク感は抜群。
※インド人やミャンマー人がやっている宿で、最初は独特の態度がやっぱり面倒だったけれど慣れるといいスタッフばかりで良い。
※付近はインド人や中国人が多いエリア、客はラテン系が多く騒がしいけれど仲良くなれて宿内は楽しかった。

南米時代を思い出す同宿のブラジル人やペルー、アルゼンチン、コスタリカ人など、中南米の旅行者と仲良くなったり、夕食を共にしたり、安い酒で騒いだり、結構楽しい宿だったけれど、写真が残っていないのはなぜだろう。あまり安全な宿には見えなかったからかなぁ。

一週間のローマ滞在期間は、残念ながら雨ばかり。梅雨のように一日中雨が降り続く日が多く、のんびりこの街を歩くのも億劫だった。それでも前回よりは圧倒的に長い滞在期間。雨が止んだのを見計らいつつ、ちょろちょろとは歩き回った。

Imgp0279
前回は行かなかったはずのバチカン博物館へ。



途中退場ルートなしの広大な館内を順路通りに一周するので時間がかかる。私はもう一度見たいものがあったので二週したけれど雨なので丁度良かった。

最大の見所の「最後の審判」「アダムの創造」を含むシスティーナ礼拝堂は撮影禁止ですごい人だった。

Imgp0315
個人的には古地図が描かれた回廊が面白かった。道中見てきたとおり、山の上に教会を中心とする町が描かれていたからだ。

Imgp0422
久々に日を浴びたコロッセオはまた違った表情をしていた。ローマに着いて先ずここを訪れたことからも、ここは私の中でローマの象徴なのだろう。



Imgp0442
ローマ市の中心といっても良い場所に聳える壮大なエマヌエーレⅡ記念モニュメント。宿の仲間がウエディングケーキと呼んでいたのが面白かった。
街を適当に歩いていると良くここにたどり着く。


Imgp0435_2
記念塔の周りは観光客や市民(?)が四六時中歩き回っている。




Imgp0445
街の小さな教会も古く芸術的だった。



Imgp0447
トレビの泉は大改装中で水すらなかった。願いを叶えに来た人たちは残念そうに眺めていた。


Imgp0464
夕暮れの街をスペイン広場の階段の上から眺める。幾つもの教会が重なって見える風景は幻想的だった。大都会では通常感じることの無い感覚だ。


Imgp0484
きらびやかな共和国広場の夜景。観光客は少ないけれど、結構綺麗だなぁと思う場所。



Imgp0485
共和国広場に向かって立つ遺跡のような教会に入るとまるで地下にあるかのような感覚を受けた。



Imgp0492
ローマ中央駅。切符販売機の所にいたおつりをかすめ取って行く人たちは見当たらなくなっていた。5年前より明るく健全な駅に見えた。


Imgp0493
サンタマリア・マジョーレ聖堂。教会らしくない作りではあるが目を引く豪華な建物だ。
駅の近くに位置し、近くに大き目のスーパーもあり、中で雨宿りや時間つぶしに最適。



Imgp0406
聖堂の内部より。



Imgp0506
ローマに来たら訪れなければならないバチカン市国、サンピエトロ大聖堂
世界を代表する教会建築はいつみてもでかい。



Imgp0525
内部も見上げる大きさ。
実はいろいろなものを見てきたせいか、または二度目だからか、こんなもんだったかなぁと思ったくらいだけれど。



Imgp0616
前回も来たけれどやっぱり高いところに登りたい。聖堂の上に登る。手前の広場や、ローマの町が美しい角度でぐるっと見渡せる絶妙な高さだと思う。


Imgp0668
パンテオン。ギリシャ式の入り口の向こうに円柱状のドーム天井を持つ建物がある変わった建築。内部は教会施設だ。


Imgp0710
ベネチア広場に現れた
晴れたり雨が降ったり、滞在後半は梅雨のような雨では無くなってよかったけれど、天気が良く変わる。



Imgp0719
コロッセオに続くかのように連なる都市遺跡群。街の中心にこのような遺跡が残っているのは凄い!と前回思ったが、古い町並みを壊さずにそのまま今でも使っているイタリアの小さな町々を見てきた後では、それが朽ちただけのようにも見える。



Imgp0735
天気がいい日は殆ど無かったが、最終日は雨に洗われた綺麗な空気を見せてくれた。
それだけで来てよかったと思わせてくれた。



ローマを目指すシルクロードの旅はここに完結
やり遂げたんだろうけど、この時点では実感は何も無かった。物足りないのかもしれない。いや、それよりも、この後の事を沢山考えなければ無いからだ。まずは次をどうするか。それすら決めるのに時間がかかる今日この頃。

とりあえず次の旅はなし。それはローマに着くころには意思が固まっていた。
社会復帰をしてみようか。。5年以上に渡る旅の中で、突拍子も無い人生を突き進む事を続けるような出会いは見つからなかった。ではその長い非日常の中で得たものは何だったのだろうか、それを考えながら次へと進む。

| | コメント (0)

ローマを目指す旅 (2015/01/28~02/03)

カンポバッソ~ローマ 7日間(走行5日) 走行距離362㎞ (累計13144㎞)


Imgp0047
雪の降る中橋の下で停滞。

山の中での二泊、キャンプで連泊したのは初めてかもしれない。誰にも見つからない場所だと思ったが、朝猟師が近くで鉄砲をぶっ放してびっくりした。両氏は僕のテントに気づいたのかどうかは分からないが、すぐに去って行った。

Imgp0050
天気は悪くなかった。また昼過ぎには崩れてくる予報だった。


Imgp0052
山の上の街はこんな内陸部でも見かける。昔の城塞都市がそのまま残っているようだ。


Imgp0054
大きな山が見えてきた。「マテーゼ」と呼ばれる公園だ。この山脈を回るように進む。


Imgp0058
景色に不釣合いな大きな教会。このあたりが峠だった。後は海まで下り基調。


Imgp0059
山肌にへばりつくような街。ペスケという街だ。


雨も降ってきたし、次のイゼルニアという街で宿をとることにした。
中心部のはずれに見つけた「Sayonara」と言う名前のホテルは38ユーロと、ちょっと高かったし、値引きもしてくれなかった。
そこでもうちょっと安い宿はないかと聞いたら快く他の宿を紹介してくれた。
新市街から旧市街地へ下っていくと、街はだんだん細くなってきて、尾根の上に立っている町だと分かる。

Imgp0063
感じの良い旧市街地の細い目抜き通り。


Imgp0078
そして目的の宿にたどり着く。ひょうきんなオーナーのニコは珍しい外国人気持ちよく迎え入れてくれた。


Antica Dimora 191(クリックで地図)

Imgp0075
30ユーロ(値引後)/ダブルルームシングル使用

トイレシャワー・冷暖房・冷蔵庫・TV・Wifi・朝食
目抜き通りに立つ古い建物を使ったB&B。部屋の感じも雰囲気が出ていて良かった。


Imgp0143
ちなみにイタリアの朝食はクロワッサンとコーヒーだけということが多い。


Imgp0144
従業員のニコと。
プレーゴ(どうぞ)を連発するのがおかしかった。


Imgp0083
車も頻繁には通らない旧市街は昼も夜も静かだった。


Imgp0099
翌日は予報どおりの一日雨で少し出かけたけれど、基本部屋でゆっくり過ごした。


Imgp0087

Imgp0089
旧市街の中心には結構立派なギリシア神殿風の教会が立っている



Imgp0092
路地



そして一日休んだ翌日。何とか天気も回復。

Imgp0149
イゼルニアを立つ。近くの山にも雪が降った。

ここから海沿いまでずっと下りだと思ったけれど、イゼルニアの次の街、ヴェナフロの後、地味にきついがあった。

Imgp0155
峠のトンネルを越えると、晴れてたら最高なはずの眺めが良い下りが待っていた。


Imgp0158
平地へ出るとまもなく海沿い。カッシノという街の手前で海沿いに続く道に左折し、のんびりした川沿いの田舎道を走る。


夕方には雨が降り出して結構強くなった。宿はあまり良いのがなさそうだったので探すもなかなか良い場所が見つからない。
仕方なく、インターチェンジの所にある、廃ビルに、作業していたおじさんに断ってキャンプを張らせてもらうことにした。

Imgp0172
廃屋は変に人の気配を感じてしまい、怖いのだが、何も無ければ快適な場所だ。テント乾かさなくっていいし。


Imgp0167
廃ビルの上層階から取った朝。

朝の天気は良かった。出発しようとしたら激しいにわか雨。というか雹が降ってきた。その後も基本的に天気は良かったけれど、突然降ったり、天気が変わりやすい一日だった。

Imgp0178
走り出すと遺跡があった。奥に見えるのはミントゥルノと言う街。


Imgp0187
綺麗な雰囲気の港町、フォルミア。背後に雄大な山が見える。


Imgp0190
半島に突き出た旧市街が魅力的なガエタと言う港町。

天気も不安定だし、風が強くてかなりのストレス。というか風に振られて危険なレベル。海沿いの断崖を軽くアップダウンし、景色はなかなかいいのだけれど、残念だ。
テッラチナの街の手前で突然自転車禁止になる。いまさら知るか!と続行するも長いトンネルがありちょっと怖い。
これはテッラチナの街をバイパスしてしまう道だった。トンネルの後で降りればよいのだが、こういう時、自転車は戻るのが面倒だと考えて先へ進んでしまう。


Imgp0193
まあ、この日は天気も回復してきたし、キャンプでもいいかなと思って進む。

しばらく進み、サバウディアと言う街の手前にある、森林保護区の入り口でキャンプを張った。

Imgp0198
朝の光を浴びる森。うっそうとした森で、昼でも歩くのをためらわれる感じだった。


Imgp0215
久々に綺麗な空。サバウディアのそばのカヌーを楽しむ人がいる池のほとりで、湿気でべたべたになったテントを干す。


Imgp0216
しばらく海沿いにサイクリング・マラソンコースが続く。サイクリングを楽しむ人もたくさんいた。珍しく英語が話せるサイクリストに声をかけられたので話しながらすすむ。


Imgp0220
陸側には湖があり、こちら側の景色も良い。天気も良くてとてもいい日だった。


Imgp0228
ローマ県に突入。大詰めだ。って感じがするようなしないような。


Imgp0229
この松のような木は見た目は悪くないのだが、根っこで道が膨らんで困る。


Imgp0241
ローマに向けて最後のキャンプは冬のビーチでしっぽりと。怪しい雲が近づいている。


Imgp0244
海の屋台(?)の裏に隠れるようにテントを張った。

そして次回、ついにローマに到達!?

| | コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2019年9月 »