カテゴリー「モンゴル編」の4件の記事

中国ってブログの更新が・・(09/06)

そういえばウランバートルはネットが快適だ。中国ではブログの更新が難しい。
なぜならば、ページの表示が遅いかつながらないか。ネット自体が遅いわけではないのにどうしてかな、、と思っていたら、モンゴルに来たら問題なし

どうやら日本のブログは中国の規制に引っかかってブロックされているブログ会社が多いとの事でした。僕のは遅かったりつながらなかったり中途半端ですが、、
なんとか繋がってもコメントの投稿はまったくできなかったです。
また中国に戻りますが、ブログの更新は難しそうです

| | コメント (0)

ビザと電車と(09/06)

Dsc01933
モンゴルBBQ はちょっと変わったエキサイティングなバイキングだ。

今日は大変な一日。朝から中国大使館。3時間待ってやっとカウンターへ。しかしビザには往復入出国チケットが必要でビザとれず。
ちなみに正式な条件は以下
1.入出国チケット。
2.ホテルの予約表
3.よく分からないがおそらく銀行の残高が十分なこと。
(すべてコピーとオリジナルが必要とあった)
シングル30$(3ヶ月)、ダブル60$(3ヶ月?)、あと半年と一年ビザあり。急ぐ場合は+20$で2日、+30$で即日夕方発行だそうです。

旅行会社でフェイクチケットを作ってもらう手もあるらしい。がもう二度と行きたくないのであきらめることにした。

へこたれずに次は切符の購入。駅近くの分かりにくいところにある建物(ロンプラには掲載)のなぜかVIPルームで購入。北京まで130000TGぐらい。
これは難なく買えた。

夜はマックス、ジョーダン、ドナーたちとお別れ。彼らはロシアに向かう。欧米人とこんなに仲良くなれるケースは稀なだけにかなり寂しかった。またどこかで会おうと誓い別れた

| | コメント (3)

テレルジ国立公園(09/02~09/04)

9/2はパズルの博物館に行ったり、昨日知り合った女の子「ボロ」さんの画展を見に行ったり。

夕方からテレルジ国立公園に移動。
バスを使って2時間ぐらい(2200Tgくらい)で到着。
GoldenGobiの紹介で行ったそのキャンプは他のツーリストキャンプと違い、ゲルが一つしかなく、家族的でとても暖かかった。水が怪しいのが問題だったが、他はとてもラッキーだったと思う。(1750Tg/day)
夜は天の川が直ぐ近くに見えるすばらしい星だった。

Dsc01645
バスを降りた瞬間に絵売りに絡まれるの図

Dsc01658
こんなゲルに泊まりました。置くのもう一つがお世話になった家族が住んでいます。


Dsc01657
中はこんな感じ

Dsc01664
近所の酔っ払いニックとマークのレスリング

2日目はロシアに向かうマークと別れ、3人に。近所をハイクしたり、お寺を訪ねたりした。

Dsc01688
リアルに骨がたくさん落ちている。

Dsc01690
家族のゲルにお邪魔しての食事。ベジタリアンの彼らは大変だ。

Dsc01734_2
このお寺は瞑想に使うらしい。ヴィパッサナかな?

Dsc01740
牛や馬やら自由にうろうろ

乗馬にも挑戦。(5000Tg/1H)たまに飛ぶようにスピードを出し、慣れると馬と一体になった様な感覚が味わえた。終了後は足がすごく疲れた。

Dsc01748
スピード感あふれる乗馬

電車が同じだったドナー夫妻も偶然登場。夜は民族衣装を着てみたり、モンゴル家族と盛り上がった。

あまりにいいところなのでさらに3日目も泊まることにした。
3日目は先にウランバートルに戻るマックスやジョーダンと別れ彼らと登ろうと思っていた。周りに見える大きな山に向かった。
ドナーが乗ってきたので一緒に行く。道なき道を進み、2人でコルまで到達。ドナーはこの後お寺に向かった
自分たちのゲルを真下に望み、遠くは果てしなく草原だか山並みだかが広がる景色を堪能しながら縦走した。

Dsc01846
どこまでも続く山と草原

Dsc01916
ゲルと背後に今日歩いた山々

Dsc01918
まきわり 暖かく寝れますように。

4日目(9/5)は朝からウランバートルに戻った。道路まで約一時間歩き、8:30のバスにのる。このバスは次はPM7:30と一日に二本しかない。
バスに揺られてウランバートルに戻った。
ウランバートルから手軽にいける割にすばらしい公園だった。

| | コメント (0)

シベリア鉄道(8/31・9/1)

Dsc01586
草原の中をひた走る

第三国「モンゴル」に向かっての移動。
朝早くから外国人が多く乗る電車に乗り込みモンゴルのウランバートルへ移動。
この電車はモスクワまで行く、シベリア横断鉄道の一部だ。
寝台の同室はイギリスのマーク。自称言語マニアだそうで、日本語もなかなか上手だった。隣の部屋のアメリカ人、マックスとジョーダンとも仲良くなり、モンゴルで多くの時間を共に過ごすことになる。

国境の通過もパスポートを預けるだけの簡単なもの。ただし待ち時間は長い。
あまり退屈しなかった30数時間の列車の旅。朝起きると電車は草原の中を走っていた。
列車はウランバートルに到着。駅に迎えがきており、便乗してみんなで向かったGoldenGobiというホテルは満杯で仕方なく近くのホテルを紹介してもらい落ち着いた。

Dsc01610
ガンダン寺

ウランバートル到着初日はガンダン寺に行ったり食事をしてみたり。
夜はモンゴル女性をナンパして飲みにいったり^^;欧米人のペースはすごい。
初日から深夜に職質をくらう。パスポート見せるかガイド同伴かで無いと罰金を取られるようだ。
マックスとジョーダンは20000Tg払う羽目になった

| | コメント (0)